DINレール電源

さまざまなDINレール電源の概要、および、電源選びの際に重視すべき点についてご覧いただけます。

単相システム向け
DINレール電源

単相システム向け
DINレール電源

入力:AC 100~240V

出力:DC 5~48V

電源:15~960W

単相電源の詳細

三相システム向け
DINレール電源

三相システム向け
DINレール電源

入力:AC 380~480V

出力:DC 12~72V

電源:90~960W

三相電源の詳細

DC/DCコンバータ

DC/DCコンバータ

入力:DC 12~600V

出力:DC 12~48V

電源:92~480W

DC/DCコンバータ の詳細

効率的で画期的
あらゆる用途に最適なDINレール電源

DINレール電源は、高い信頼性と効率を備えた電源の標準となっています。機械工学、産業オートメーション、物流、自動車産業、風力発電、装置産業など、多数のアプリケーション分野の不可欠な役割を果たしています。

プルスは、DINレール電源に100%特化したメーカーです。当社の電源はすべて、高いエネルギー効率、コンパクトな設計、長寿命、および高い信頼性を特長としています。

このページでは、プルス電源ソリューションがもたらす利益に関して、および、電源選びに関するヒントをご覧ください。製品検索へはこちらをクリックしてください。

定義
DINレール電源とは?

DINレール電源は、不安定な入力電圧を調整出力電圧に変換するスイッチモード電源です。スイッチモード電源は、直線的に調整された電源(変圧器)よりもはるかに高い効率、低い重量、およびさらにコンパクトな設計を特長としています。

DINレール電源の特殊機能は、その名が示すとおり、マウントのタイプです。電源は、トップハットレールとも呼ばれる標準化されたDINレールに取り付けられます。

DINレール上の各種のプルスDINレール電源。DINレール上の各種のプルスDINレール電源。

DINレールは金属製の取り付けレールで、標準寸法が固定されています。これらの寸法は、当初、ドイツ規格協会(DIN)によって定義されました。このタイプの取り付け方法は世界中で普及しており、欧州規格(EN)と国際規格(IEC)に採用されています。

トップハットレール(TS 35)という用語は、U字形、つまり帽子のような形状に由来します。

DINレールは、世界中のほとんどの工業アプリケーションで見られます。DINレールは、キャビネット、分電盤、機械などの固定コンポーネントになっています。このタイプの取り付けに使える電気部品(電源、サーキットブレーカー、リレー、産業用PCなど)の選択肢は、事実上無限です。

15mm DINレールの断面15mm DINレールの断面
15mm DINレールの断面
7.5mm DINレールの断面7.5mm DINレールの断面
7.5mm DINレールの断面

機能性
DINレール電源のメリットは?

効率的なDINレール電源により、運用コストを削減できます。効率的なDINレール電源により、運用コストを削減できます。

運用コストの削減

プルスは画期的なスイッチ設計と高品質なコンポーネントにより、DIN電源で95%以上効率を達成しています。高効率は、スタンバイモードでも部分的な負荷範囲でも、無負荷時損失を軽減し、システム全体の発熱を抑えます。

これは、一方ではエネルギーコストの節減につながります。他方、アプリケーションでの冷却のサイズを縮小し、冷却のための追加コストを節減することもできます

プルスDINレール電源は、負荷範囲全体を通して可能な限り最高レベルの効率を実現するために最適化されています。

DINレール電源は簡単に設置し、運用できます。DINレール電源は簡単に設置し、運用できます。

簡単操作

プルスDIN電源の設置と試運転は非常に簡単で、すばやく実施できます。デバイスをDINレールに取り付けるだけで、主電源と負荷に接続できます。

スプリングクランプやPush-in式端子などの接続オプションにより、電源をわずか数秒で工具なしで設置できます。その後すぐに、DINレール電源を使用できます。

コンパクトなDINレール電源により、キャビネットを広く使用できます。コンパクトなDINレール電源により、キャビネットを広く使用できます。

キャビネットのスペース増大

電源からの発熱が少ないほど、よりコンパクトなユニットを設計できます。

そのため、プルスの電源は閉鎖システムや小型のオンサイト制御ボックスに容易に設置できます。これにより、記録密度が増し、システム全体のサイズを縮小できます。

クールデザイン
プルスDINレール電源の信頼性が高い理由は?

DINレール電源の対流冷却。DINレール電源の対流冷却。

プルスDINレール電源は対流冷却式です。つまり、自然な空気の流れのみで電子部品が冷却されます。ファンを使用しないため、電源の信頼性を高めます。ファンなどの機械的要素があると、故障の可能性が生じ、メンテナンス要件も増大します。

ピーク負荷時でも十分な対流冷却を確保するために、プルスDINレール電源は「クールデザイン原則」に従って開発されています。電解コンデンサなどの耐用年数を左右するコンポーネントは、ユニット内で最も涼しい位置に配置されています。

プルスDINレール電源の堅牢なスイッチ設計と優れた効率との組み合わせは、高い信頼性と十分な長寿命を備えたユニットを生み出します。ユーザーには、低いメンテナンス要件と高いシステム可用性というメリットがもたらされます。

7つのヒント
DINレール電源を選ぶ際に考慮すべきことは?

DINレール電源の入出力パラメータDINレール電源の入出力パラメータ

1. 入出力パラメータ

これは最初に確認すべき基本情報です。

単相システムと三相システムのどちらの電源が必要ですか?入力時にDC電圧で運転を開始できる機能も電源に必要ですか?

出力時に必要な電圧と電流の値はいくつですか?

単独運用と並列運用のどちらで電源を使用したいですか?すべてのDINレール電源が必ずしも 並列機能を備えているわけではありません。

DINレール電源の動作環境DINレール電源の動作環境

2. 動作環境

2番目の基準は、DINレール電源が使用される環境です。

周囲温度の平均値と最大値はいくつですか?ほとんどの電源では、 特定の温度を上回る場合にはディレーティング機能が必要で、フルパワーは利用できません。

キャビネットの中で最も涼しい位置はどこですか?電源は、その位置に設置してください。

湿度が高く、振動が多い環境下でのアプリケーションとなりますか?その場合は、プリント基板に絶縁保護コーティングが施されたDINレール電源を検討されることをお勧めします。

DINレール電源の寸法DINレール電源の寸法

3. 寸法

正しい寸法を知ることで、適切な電源を選択しやすくなります。

DINレール電源用のスペースはどのくらいありますか?

電源を標準的な縦置きで設置できますか?電源を横置きでしか設置できない場合は、空気の流れが損なわれて、ディレーティングが必要になることがあります。

電源ユニットの左右に一定の距離(空間)を作ることで、空気の循環を確保し、ユニットを可能な限り低温に保つ必要があります。キャビネットをプランニングする際には、取扱説明書とデータシートに記載されている距離を考慮してください。

電源をDINレールに取り付けることができますか?それとも、キャビネットに取り付ける必要がありますか?プルスは、代替的な取り付け方法についても適切なソリューションもご用意しています。


ヒント:エンジニアリングチームはEPLANを利用していますか?

プルスはほとんどのユニットについて、さまざまな関連情報や3Dマクロを提供しています。そのため、仮想プルス製品をシステムに直接統合して、すべての寸法を確認することができます。当社Webサイトの各製品の詳細ページにEPLANへの直接リンクが掲載されています。

DINレール電源の認証DINレール電源の認証

4. 認証および規格

認証がない場合には、プロジェクトの進展がかなり遅くなることがあります。したがって、電源にどのような認証が必要かを事前に知っておくことが重要です。

どの地域(UL、Class I、Div 2など)で製品を販売する予定ですか?また、ターゲット市場(ATEXなど)はどこですか?

輸送(ABS / GL)、医療技術(IEC 60601-1、第3版)、鉄道用途(レール規格EN 50155)など、特定のアプリケーション用の認証や規格が必要ですか?

 

DINレール電源の耐用年数DINレール電源の耐用年数

5. 効率と耐用年数

長い耐用年数、低い発熱、および高いエネルギー効率は、どのような用途でも極めて重要な特性です。

効率は、上記のすべての要素に直接影響します。そのため、必要な負荷に対する実際の効率を確認し、電力損失を考慮することが重要です。効率が高いほど、システム内の熱という形での電力損失も少なくなります。高効率のDINレール電源は、全負荷でも低温を保ち、周囲のシステムコンポーネントに好影響を及ぼします。さらに、高効率は、電源の耐用年数を延ばす重要な要素でもあります。たとえば、温度が10℃上昇しただけで、電解コンデンサの耐用年数は半減します。また、これらの電解コンデンサは、DINレール電源の耐用年数に大きく影響します。

負荷範囲全体にわたって可能な限り高い効率を保てるDINレール電源を採用すれば、そのアプリケーションで受けられるメリットを最大化することができます。プルス電源の効率に関する詳細情報は、各製品のデータシートに記載されています。

高効率の意味の詳細はこちら。

DINレール電源の機能範囲DINレール電源の機能範囲

6. その他の特長

アプリケーションに必要な電源のその他の特長を考慮してください。

  • DC-OKリレーコンタクト
  • IO-Linkポート
  • 拡張されたDC入力範囲
  • ホットスワッププラグコネクタ
  • リモートコントロール
  • 絶縁保護コーティングされたプリント基板
  • 特別な認証

プルスのDINレール電源はすべて、クラス最高の基本性能を誇ります。各レール電源の主な違いは、各種の機能パッケージの内容です。

DINレール電源の補助ユニットDINレール電源の補助ユニット

7. 補助ユニット

システムの信頼性や可用性を高めるために、追加のユニットが必要ですか?これはたとえば、冗長電源システムのセットアップや、無停電電源装置の仕様によって達成することができます。

この場合は、電源と適切な補助ユニットを同じメーカーから購入すると便利です。通常、これらのモジュールは完全に同期されているため、設置が容易になります。

プルスは互換性のあるさまざまな補助ユニットを提供しています。

Contact
スペシャリストにご相談ください。

お問い合わせお問い合わせ

プルス本社

電話:(052) 211-7062

メール:info-jp@pulspower.com

サービス
お客様のアプリケーションを分析します

SmartFab Boxによるアプリケーション分析。SmartFab Boxによるアプリケーション分析。

お客様に最適な電源を選び、正確なシステム要件を診断するため、プルスは無料アプリケーション分析を行います。そのために開発されたのが、SmartFab Boxです。

SmartFab Boxは、システムの電力要件と熱条件を調べるための診断ツールです。

SmartFab Boxとその分析の結果を無料でリースする方法はこちら。

SmartFab Boxによるアプリケーション分析


条件を指定して検索条件を指定して検索

製品検索

条件を指定して検索できます

お問い合わせお問い合わせ

お問い合わせ

サポートチームへのお問い合わせ

プルス製品ファミリープルス製品ファミリー

製品ファミリー

製品ファミリー に関する詳しい情報はこちら。